◇◆STEP UP◆◇

アクセスカウンタ

zoom RSS 我が家の事情(1)

<<   作成日時 : 2010/02/20 18:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

おかげさまで、今日は1日のんびりできてます(笑)

無事に体調不良の時期も終わり・・体調も◎
よかったよかった(^▽^)



さて。


落ち着いてるうちに、大騒動について書いておきましょうか。



2日の晩。

叔父のお葬式が終わり、帰宅後久しぶりに我が家が全員集合状態。
そこで父が突然の発表・・

「春から転勤になります」


これはもう、何年も前からいつかはこうなる〜とわかっていたこと。

役員待遇になった以上、なおさら可能性が近づいてくるわけでして・・
一応、頭の片隅でではあったから・・あぁついにきたかっていうかんじ。

少なくとも定年(3年後)までは帰ってこられない。。。
それもわかっていたこと。


問題はここからです。

「俺はお母さんとモコ(ワンコ)と一緒に行きたい」


一同びっくり!!!!!


その後、父が号泣しながら言いました。


夏場、叔母(母の実姉)が急逝。
そして、今回の叔父(母の義兄)の急逝。



いろんなことが続いていて、父は父なりにいろんなことを感じて思ったのでしょう。

 ・・もし、これが俺だったら。

 ・・もし、これがカミさんだったら。


もちろん、これは父に限らず母だって。。。ワタシだってよぎったことがあります。
答えなんて出るはずもないのだけどね。

離れて暮らすのが心配。
自分がいないところ(自宅)へ母を置いていくのが心配。

父らしい、ごもっともな感情でしょう。


だから、父の申し出・・母を連れて(モコちゃんも)いきたい気持ちって
いうのはとてもよくわかります。


だけどね。


「だから家のことは、お前に任せたい」


言葉はもちろんですが、この一言にこめられた気持ちがとても重かった。
一瞬にして、頭の中が混乱です。

それでも、一瞬にしていろんなことを考えました。



まず。

1番の厄介な点。。

我が家には祖母(父方)がおります。
あんまりワタシは折り合いがよくありません・・・(−_−;)

そんな祖母を抱えるとなると、食事のことだけでも大変なんですよね。
朝・昼は適当に食べてもらうとしても、夜だけはそうもいかない・・・。


もちろん、近くとはいえ1人暮らししてる祖母(母方)もいて。

元気は元気なんですけどね。
95歳っていう年を考えると、いつ状況が変わるかなんてわからない。
去年〜今年にかけて、このように母の姉妹たちの事情も変わってきてるので
何かあれば必然的に動かなくちゃいけなくなるのってば、決まって我が家の母。

その母がいなくなるとなると、代わって動くのはきっと私。


そうすると?

これまでみたく、仕事探ししてるわけにはいかない・・・。

こだわってたわけじゃないけど、地元じゃお仕事がない以上
どうしても外ばかりに目を向けてきたのだけどね。

したい仕事も時間的にムリになるだろうということで、諦めなくちゃいけない。
ヘタすると、きっちりフルタイムで仕事してる場合じゃない。
就職すら諦めなくちゃいけなくなる。


それでも、今度は仕送りを受ける身となるわけで。

祖母からいただく生活費を除いたら、確実に足らない現状。
すると、やっぱり仕事はしないわけにはいかない。


どうしたらいいんだっていう漠然とした不安。
答えなんて出るわけもなく、涙しか出てこなかったです。



そして。


ちょうど今年は、町内の組長の役が回ってくる年。

行事があれば参加しなくちゃいけないし、会議とかもでなくちゃいけないし、
回覧板の管理もしなくちゃいけない。

もちろん、あってはほしくないけど・・お葬式とかあればお手伝いにも
行くことになります。

できることなら、転勤の都合ということで断ってほしい。
それが願いでもありましたが・・・

やはり体裁等もあるんでしょうかね。

「なにかあれば帰ってくるから」

平然と言いますが・・・ その都度、往復新幹線でだかバスでだか知りませんが
お金かけてまで帰ってこいだなんて言えません。

以前、単身で行ってた滋賀とは違って今度は東京。
車で来られる距離でもありません。


そんな大役、いきなり任せられても困ります。


そして。


母がついていくとなると、母も仕事は辞めることになるわけで。
弟へ仕送りしていたぶんがなくなっちゃいますから、
弟は自分で家賃を出さなくちゃいけなくなることに。

今は大学院と勤務先の病院と両方での生活をしているんだけど、
勤務先(豊田)にいる時間の方が長いのだから・・
間借りでもして、安くさせるために弟までもが引越すということに。


家から出て行くヒトたちは、自分達の引越し準備だけで忙しいわけなので、
必然的に彼の準備の面倒をみるのは、やっぱり私になるわけで・・・。

またしばらくの間、自宅⇔豊明⇔豊田の往復が続くことになりそう。


バイト先では週末に連休なんてもらえそうになく、なんとか毎週土曜日は
お休みさせてもらうこととして・・
準備のために、前日金曜は早番であがらせてもらって、そのまま向かう〜と
いう流れにしてきました。

もちろん、バイト先では文句多発(苦笑)
そこまで言われるなら・・バイト自体行かないほうがいいのかしら・・なんて思う・・・。


そうじゃないと、いつまでたっても準備も実行もできない。
ヘタすると、家と弟と引越し時期が重なって・・・とんでもないことになる・・・!


一気にいろんなことを考えすぎて、頭ん中はぐちゃぐちゃになりました。
そんな号泣中な私に一言。


「そこまでお前1人、責任感じなくてもいいぞ」


正直、何考えてるんだって思いました。

感じなくてもいいなら、任せるなんて言葉・・簡単に口にしないでほしい。
そんなだったら、「お母さんも連れてくから、適当に頼むわ〜」くらいで充分。

我慢もこれまでだっていっぱいしてきたのだから、
最低3年、なんとか我慢しろっていわれれば、ワタシだってがんばるさ。


親心子知らず。それもそうなんですが。。

子の心も親は知らず


そんなかんじなのでした。


2日を境に・・・父と娘(ワタシ)。 口を利かなくなったというわけです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
我が家の事情(1) ◇◆STEP UP◆◇/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる